アルモンテホテル仙台

アルモンテホテル仙台はJR仙台駅西口より徒歩約5分。2017年8月開業。アルモントホテルは全国15カ所(2019年2月現在)にホテルを展開する法華クラブが運営する新ブランドのビジネスホテルです。特徴は男女別大浴場。光明石(こうめいせき)という薬石でろ過することで水道水が天然温泉と同じ成分を含む準天然の人工温泉なので、神経痛・肩こり・痔・産前産後の冷え性などの効能が。女湯は入口に暗証番号のセキュリティロックがあるので安心です。

客室の種類はシングル・ツインが中心。シングルルームは14.7㎡の広さと140cm幅のダブルベッドとゆったり仕様。2名で泊まれるセミダブルとしても予約・利用できます。セミダブルの料金はシングル1名利用より1名あたりの料金は安くなります。ツインは20㎡の広さと120cm幅のベッドが2台。子供の添い寝はベッド1台・大人1名につき小学6年生まで1名無料です。加湿機能つき空気清浄機・冷蔵庫・マイナスイオンドライヤー・電気ケトルを全室用意。客室の机は小さな丸テーブルですがデスクが必要な場合はフロントで無料で貸し出しています。

食事は2階のレストラン「はなもみ」で。2018年朝ごはんフェスティバル宮城県内3位のおいしい朝食バイキングで人気です。仙台名物笹かまぼこ・白石温麺・牛タン入りカレー・ずんだ豆腐・フカヒレ茶碗蒸しなど仙台の郷土料理をはじめとする豊富な和洋メニューが1512円で食べ放題。早期予約割引やカード決済割引などお得に泊まれる宿泊プランも多数。また泊まりたくなるおもてなしがうれしい仙台の新しいホテルです。

アルモンテホテル仙台の空室情報はこちら

ホテルメトロポリタン仙台イースト

ホテルメトロポリタン仙台イーストはJR仙台駅直結。3階の東北新幹線南改札を出て商業施設のエスパル仙台東館の中を進むとホテルの入口があります。仙台駅西側にある「元祖」ホテルメトロポリタン仙台と駅をはさんで東側に「イースト」が2017年6月に開業しました。どちらもJRホテルグループの運営のため立地は駅直結と文句なし。元祖が5つのレストラン・宴会場・エステサロンなども備えるシティホテルなのに対して、イーストは宿泊特化型。それだけに客室設備は充実しています。

全室禁煙。全282室のうち最も多い173室を占めるワイドシングル(2名でも宿泊可)は、21㎡の広い部屋にベッド(全室シモンズ社製)は何とクイーンサイズの幅160cmと2名でもゆったり眠れます。ダブルルームも同じ160cm幅ベッドですが部屋の広さが23㎡と少し広くなります。他にも広さ34㎡で200cm幅ベッドのプレミアキングという部屋もあります。

さらに部屋の広さが24~49㎡、ベッド幅が110cm~140cmとバリエーションの異なる5種類のツインルーム。ネットでも予約可能な最高級プレミアスイートは91㎡の広さ。さらに全室トイレ・バスがセパレート。広いバスタブと洗い場のあるバスルームには大きなノズルのレインシャワーも設置。横方向のノズルもあるので心地よいマッサージ効果も得られます。

食事は3Fのレストランで。テラスも備えた開放的な空間で、ずんだ餅や笹かまぼこの宮城名物をはじめ、野菜サラダ・スムージー・卵料理・天然酵母のパン・フルーツジャムなど新鮮な地元の食材を活かしたおいしい朝食が2200円で食べ放題。テラス席ではバーベキュー(昼・夜)、ランチはセットとブッフェ、ディナーはコースとアラカルトを提供。出歩かなくても快適な空間で宮城仙台の味を満喫できます。駅近で広くて新しい仙台のホテルです。

ホテルメトロポリタン仙台イーストのご予約はこちら

仙台ロイヤルパークホテル

仙台ロイヤルパークホテルは東北自動車道泉スマートICから車で5分、泉ICから車で10分、JR仙台駅と地下鉄泉中央駅から無料送迎シャトルバスがあります。泉パークタウン内に1995年4月に開業したホテルです。ヨーロッパのお城をイメージした外観の建物と、周囲を木々で囲まれた芝生と池の庭園で気分はリゾート。冬の期間にはガーデンイルミネーションも開催。220台収容のホテル専用駐車場は無料。アウトレットモールや大型商業施設タピオも隣接しています。

客室は南向きで庭園を望むガーデンサイドに9種類、北向きで緑の多い眺望のフォレストサイドに4種類の部屋。ガーデンサイドには広さ27㎡で120cm幅ベッド2台のモデレートツイン、広さ37㎡でベッドのマットレスはエアウィーブ(3名利用時のエキストラベッドを除く)のナチュラルガーデンビューツイン、40㎡の広い部屋に154cm幅の大きなベッドを2台設置した豪華なデラックスツイン、お風呂の窓から庭が望めるビューバスデラックスツイン、広すぎる部屋と大きすぎるベッドでセレブ気分の味わえる5種類のスイートルーム。部屋タイプによって禁煙のみ・喫煙のみの部屋があります。

一方のフォレストサイドは広さが23~27㎡のダブルとツインの部屋が中心。ダブルベッドの幅は、スタンダードダブルが154cm、モデレートダブルは180cmと余裕のサイズ。ジュニアスイート以外は禁煙・喫煙の設定があります。

食事はホテル内にある洋食・鉄板焼・中華の3つのレストランで。緑豊かな庭園の一角で食事が楽しめるガーデンレストランでは開放的な屋外のテラス席で食べる和洋バイキングは、朝食だけでなくランチやディナーも提供。ホテル内にある結婚披露宴にも使用される宴会場で和洋中ブッフェの夕食が提供される宿泊プランもあります。記念日やお祝い事など思い出に残る1日を過ごすのにぴったりのホテルです。

仙台ロイヤルパークホテルの空室状況はこちら

ウェスティンホテル仙台

ウェスティンホテル仙台はJR仙台駅西口から徒歩約9分。JRあおば通駅から徒歩約8分。仙台市営地下鉄南北線の仙台駅から徒歩約6分。地上37階・高さ180mの高層ビル「仙台トラストシティ」の1~3階と25~37階のテナントとして2010年8月開業し たシティホテルです。ウェスティンは世界37カ国で160館以上のホテルを運営する世界的な高級ホテルブランドですが、仙台でも世界品質のサービスを提供。客室は28階から36階にあり、どの部屋も眺望は抜群。

客室タイプは広さ30㎡のモデレート、42㎡のスーペリア、44㎡のデラックス、48㎡のプレミア、67㎡以上のスイートなど。ベッドのタイプによりダブル・ツイン・キング。ハイグレードなデラックス、バスルームが窓際にあるビューバス、エグゼクティブラウンジが使用できる35階と36階のクラブフロアなど、組み合わせによって様々なタイプの部屋が用意されています。ホテルオリジナルのウェスティンヘブンリーベッドは天国のような寝心地。40インチ以上の液晶テレビ。広いバスルームには天井から雨のように降り注ぐレインフォレストシャワー。落ち着いたインテリアを配した広々した部屋からは眼下に広がるすばらしい眺望で気分もリフレッシュ。

朝食は26階のレストラン「シンフォニー」で和洋朝食バイキングを提供(7:00~10:30)。仙台名物をはじめその場で焼いてくれるオムレツ・新鮮野菜のサラダ・焼き立てのパンなどおいしいと好評。同じ26階には夜景を見ながら優雅な夜を過ごせるラウンジバー「ホライゾン」、最上階の37階には鉄板焼や個室もある日本料理「一舞庵(いちむあん)」て京料理を堪能できます。スペシャルスパトリートメントつきのプランやケーキや花束のサービスがつく記念日プランなどの感動の宿泊プランも充実。一度は泊まってみたい仙台のプレミアムなホテルです。

ウェスティンホテル仙台の空き室状況はこちら

ライブラリーホテル仙台駅前

ライブラリーホテル仙台駅前は、JR仙台駅から徒歩5分。地下鉄東西線の西1出口から1分半ほど。ちなみにライブラリーとは英語で図書館のことですが、図書館の中にあるホテルという意味ではありません。ラウンジに本棚があり、美術・建築・インテリア・料理関係の本が並べてあるホテルです。

客室は広さ14㎡、ベッドの幅122cmのシングルA、広さ15㎡、ベッドの幅134cm(一部122cm)のシングルB、客室は広さ18㎡、ベッドの幅110cm×2台のツイン、客室は広さ16.5㎡、ベッド幅154cmのダブルの4タイプ。
食事はホテル内のレストランでバイキング朝食を提供。笹かまや長茄子漬けなどの仙台名物をはじめ、こだわりの素材を使用した焼きたてクロワッサンや、スペイン製のジューサーを使って自分でオレンジを生絞りして作るオレンジジュースをなど品数豊富なおいしいメニューが1,000円で食べ放題。

1階フロント横のライブラリー&ラウンジでは14:00~24:00まで無料でオーガニックコーヒーが飲めます。コーヒーは朝食でもいただけます。前述の専門書や雑誌が並ぶ本棚もあり、ラウンジ内で自由に読めるようになっています。ライブラリーホテルは2016年8月現在、仙台にはこのホテルから南に3ブロック南側にある「ホテルフォーリッジ仙台」と、地下鉄勾当台公園駅徒歩2分の「ライブラリーホテル東二番丁」を加えた3店舗がライブラリホテルチェーンです。

ライブラリーホテル仙台駅前の空室状況はこちら

ホテルビスタ仙台

ホテルビスタ仙台はJR仙台駅から徒歩4分。仙台地下鉄東西線宮城野通駅からは徒歩1分ですが、JR仙台駅からなら歩いたほうが早いでしょう。2016年4月オープンの新しいホテル。客室は全室禁煙で、1階ロビーに喫煙コーナーがあります。部屋タイプはスタンダードシングル(広さ16㎡・ベッド幅140cm)、ダブル(17.5㎡・ベッド幅160cm)、スーペリアツイン(28㎡・ベッド幅110cm)、デラックスツイン(32㎡・ベッド幅110cm)。

さらにバスタブなしでシャワーのみ・12.5㎡でベッド幅110cmですが宿泊料金が最も安いシャワードシングルという部屋もあります。館内2階には男女別大浴場(15:00〜24:00と06:00〜09:00)もあるので、広い湯船でゆっくり温まることもできます。マイクロバブルの心地よい刺激が疲労回復にききます。シャワードシングル以外の部屋は、トイレ・洗面台・洗い場つきバスの3つの水回りがセパレートなので自宅のように快適に過ごせます。ベッドは日本ベッド社製のシルキーベッドで寝心地良好。

食事は2階のレストランで和洋食のバイキング。仙台名物牛タンを使用した牛タンカレーや地元の食材を活かした豊富なメニューが1296円で食べ放題。レストランの営業は朝7時からなので、出発の早い方は素泊まりプランにして、チェックアウト後にホテルから徒歩1分のコンビニを利用するか、駅前のエスパル本館内のカフェ(営業は朝7時より)を利用するのが便利。JR仙石線で2駅のコボスタ宮城での野球観戦や、ホテルから徒歩約10分の仙台サンプラザでのコンサート後の宿泊にも便利。仙台の新しくて駅近で快適なビジネスホテルです。

ホテルビスタ仙台の空き室状況はこちら

仙台国際ホテル

仙台国際ホテルはJR仙台駅西口から徒歩5分。1989年10月開業し、バブル時代に建設された豪華な内外装とウェディングに対応する和洋式場、500名の着席が可能な大宴会場、総支配人の美食家・野口育男氏のこだわりを感じるフレンチ・日本料理・中国料理のレストランやバーやデリカフェが人気を博しています。

客室はシングル・ダブル・ツイン×スタンダード・デラックスの6タイプが基本。シングルなのに17.2㎡(デラックスは19.1㎡)の広い部屋に130cm幅の大きなベッド。無線LAN接続の部屋は予約時にリクエストが必要です。ダブルはスタンダードが約20㎡の部屋に160cmのクイーンサイズベッド、デラックスは37㎡の部屋に180cmのキングサイズベッド。ツインはカジュアルが約20㎡の部屋に幅100cmのベッド2台、デラックスは約33㎡で120cm幅のベッド2台。追加ベッドで3名での利用もできます。エグゼクティブとロイヤルの2つのスイートルームもあります。

食事はこのホテルの自慢。朝はホテル1階のコーヒーハウスで朝食ビュッフェ。笹かまぼこ、長茄子漬、ずんだ餅、白石温麺などの仙台名物をはじめホテルメイドのパンや手作りジャム、パンケーキにフレンチトースト、スープ、卵料理など和・洋・中のホテル品質の美味しい70種類以上のメニューが2,200円(税別)で食べ放題。

ランチやディナーはホテル内のレストランで。みやぎ食材伝道士のシェフが腕をふるう本格フレンチレストラン「セラン」、和食会席や仏・中華・折衷料理にも対応する完全予約制の「迎賓館 貴仙」、フカヒレ美食ランチが人気の中国料理「翠林」で、仙台の味が堪能できます。ホテル客室の机の引き出しには、支配人作成の仙台食べ歩きガイドが備えられており、仙台のおいしい飲食店情報もバッチリ。宿泊だけでなく料理目当てで泊まりたくなるホテルです。

仙台国際ホテルの空き室状況はこちら

サウナ&カプセルホテル キュア国分町

サウナ&カプセルホテル キュア国分町は仙台市営地下鉄地下鉄匂当台(こうとうだい)公園駅から徒歩6分。JR仙台駅から徒歩20分。男性専用のカプセルホテルです。こちらの特徴は本格的な広い露天風呂も備えた大浴場とサウナ。サウナも90度のドライサウナと70~80度と少し低温の韓国式サウナの2種類あります。さらに時間限定でロウリュというフィンランド式サウナのサービスもあります。

内風呂は普通のお湯と水風呂。お風呂とサウナで汗を流した後は別料金で多彩なコースのあるマッサージ・アカスリ・エステでボディケアで気分は極楽。宿泊のカプセルの方は一般的な無機質なデザインとは異なり、木のぬくもりを感じさせる木目調。まるで山小屋の二段ベッドに泊まるようなちょっと楽しい雰囲気のカプセルです。

カプセルにはスタンダードとデラックスの2タイプがあり、スタンダードは通常の前から入るカプセルの形式ですが、デラックスは大きな箪笥のような箱型の上下2段ベッドで、箱の横にベッドの入口がありネットカフェのブースくらい幅で机もある自分専用の空間もあります。入口の仕切りはカーテンのみですが、隣のブースとは天井まで壁で仕切られているので半個室空間になっています。遮音性はありませんが(耳栓があると便利)、カーテンを閉めれば他人の視線を気にせずネットも楽しめます。

食事は館内の食事処で夕食と朝食が食べられます。宿泊者限定の朝食は500円の日替和定食と100円プラスで海苔・玉子・納豆が追加される朝得定食600円のほか500円のパンセットや500円のカレーセットもあります。ライニングシートに座ってマンガも読み放題のリラックスルームも完備。お得な料金で食事・宿泊・サウナ・マッサージで大満足のカプセルホテルです。

サウナ&カプセルホテル キュア国分町のご予約はこちら

カプセルホテルリーブス

カプセルホテルリーブスは仙台市営地下鉄勾当台(こうとうだい)公園駅から徒歩5分。仙台で唯一女性専用フロアがあるカプセルホテルです。1階はフロントとロビー。フロントは24時間スタッフが常駐なので門限は無く深夜のお出かけも可能。チェックイン前の荷物預かりも可。フロント横には無料のウォーターサーバー、電子レンジ、お湯のポット、朝だけですが無料のコーヒーサーバーがあります。

2階は入口がオートロックの女性専用フロア(全面禁煙)。4つのシャワーと1人用の浴槽があるシャワー室。洗面台には化粧水・洗顔料・乳液も設置。テーブルと椅子のあるラウンジもあります。3階と4階は男性専用フロア。3階は全面禁煙、4階はラウンジが喫煙可。3階には男性専用の大浴場がありますが男性用の禁煙ラウンジはありません。2階(女性フロア)と4階(男性喫煙フロア)には無料パソコン1台設置+自分のPCを使う机1人分だけのインターネットスペースもあります。

カプセルは幅が大きめのセミダブルサイズなので大きな体の人でも寝返りや出入りが楽々。カプセル内には小型の鏡・コンセント・明るさ調整つきライトもあり便利。一部のカプセル内には小型液晶テレビがありません(料金安め)。ちなみにカプセルホテルは遮音性が無いのでまわりの音が気になる方は耳栓のご用意を。カプセルは上段と下段がありますが、おクです。繁華街にも近いので外での食事にも便利。安い料金で仙台に泊まりたいときに助かるカプセルホテル。多くを求めず寝るだけと割り切ればコスパのよい宿泊施設です。

カプセルホテルリーブスの空き室状況はこちら

ホテルメトロポリタン仙台

ホテルメトロポリタン仙台はJR仙台駅西口から徒歩1分。仙台駅ビルのエスパルと直結しておりターミナルホテルといえるほどです。1988年開業。21階建て・約300の客室と3つのレストラン、ラウンジ、バー、和洋二つの結婚式場、宴会場、エステサロン、フィットネスジムなど一流の施設とサービスを備えた仙台を代表するシティホテルのひとつです。野球やサッカーのプロスポーツ選手の宿舎としても利用されています。

客室はシングルがエコノミー(ベッド幅120cm)のほかスタンダードとデラックス(ベッド幅140cm)。部屋の広さはエコノミーでも16㎡と広いのでゆったりくつろげます。これらの部屋に2人で泊まれるプチ・エコノミー・デラックスのセミダブルに。ベッドが160cm幅のダブルや120cm幅ベッド×2台のツインもあります。

さらにホテルの特徴として「桜の春」や「木のぬくもり」など東北の大自然をイメージしたデザインの「コンセプトフロア」の部屋や「ケヤキの緑」など杜の都仙台をイメージした贅沢な「コンセプトルー」も楽しい旅を演出してくれます。さらにスイートルームでは洋室のほか和洋室のスイートルーム3室では畳の和室でくつろぎながら夜はベッドで寝ることができます。

食事は館内のレストランでウェディングのディナーも提供する旬菜グリル、牛タンもおいしい和食と鉄板焼き、地元の名産フカヒレ料理が自慢の中華料理。和洋の2軒では朝食バイキングも。ハラル料理や朝食のルームサービスもあります。洗練された施設とおもてなしで仙台への旅がいつまでも心に残る思い出に。

ホテルメトロポリタン仙台のご予約はこちら

リンク

ページの上部に戻る

FXЃobW